« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月25日 (日)

ゲキレンジャー修行その2

 水の中でのロボ戦は初めてですか?あと実況付きってのも。こっちは格闘技番組とかの影響かな?なんかカクレンジャーの講釈を思い出してしまった。懐かしさもありつつ新しいことをやろうとしている感じで、ちょっと面白くなりそうですね。でもロボの形からするとゲキタイガーだけ大きすぎじゃないですか?霊的なものだからいいのかな?

2007年2月18日 (日)

ゲキレンジャー修行その1

 あー、なんか懐かしい感じ。『ボウケンジャー』の時はなんとなくジュウレンジャーっぽいとか思ったけど、今回は明らかにダイレンジャー…。次は忍者ものでしょうか。そろそろ剣豪ものとか良いと思いますが。
 まあパンダとかカバとかアリクイがいるどうみても日本にしか見えない森って何?とか、キョンシーなんて今の子供知らないだろうとか、主人公アマゾン?とか、ジャンと理央は絶対兄弟だろ、とか、なんでネコ科しかいないの?とか。
 でも予告見る限りでは、久々にゴテゴテしてないかっこいいロボなんじゃないかな~、と思います。

2007年2月12日 (月)

本田透『喪男の哲学史』(講談社)

 哲学を「二次元と三次元」「モテと喪」という観点から読み直していて、かなり分かりやすく解説しています。特にオタクなら、より理解できるのではないかと。というかかなりのオタク擁護になってます。道を誤るとヒトラーとかマルクスみたいに危険なところに行ってしまう、とも書いているけど。
 ただ、ここに出てくる哲学がほとんど西洋のものだというのが難点。東洋思想はブッダくらいかな。近代になってようやく西洋でもブッダと同じ考えが生まれた、っていうような記述からすると、東洋思想はブッダで十分だと言いたいのかもしれないけど、やっぱりきちんと書いておかないといけないと思うなぁ。特に、現代日本の恋愛資本主義批判が一つのテーマとしてあるんだから、せめて日本の思想史は必要なんじゃないかな。日本のことは東洋的・日本的な視点もないと、完全には理解できないと思うんだけど…。オタク文化が隆盛した理由が、敗戦で三次元は虚しいものだと知ったからっていうのはさすがにそれだけじゃないだろう。
 まあ西洋哲学についてはよく分かったし、なかなか面白かったんだけどね。…と、よく考えたら他の著作読んでないことに気が付いた。ああ、全然ダメだぁ…。

2007年2月10日 (土)

カランコロンカランカランコロン

 鬼太郎、またアニメになるらしいっすね。4月1日(日曜)朝9時から。朝かぁ…。前の時も朝9時からだったみたいだけど、秋田じゃ夕方4時か5時くらいの放映だったからかなり怖かった気がする。見終わると外は薄暗い逢魔が時…。冬だともう真っ暗だったし。ああ、あの百鬼夜行みたいなエンディングが!…多分、美化されてますけど

07、6、23追記
 調べたら向こうでは午後4時25分からの放送だった。多分、前に見たのも同じ時間でしょう。

2007年2月 5日 (月)

ギブミー…

 最近、よくチョコレートの安売りをしています。甘党としてはとても嬉しいですね。ところで、なんで安売りしてるんですかね?何かあるの?

2007年2月 4日 (日)

超神ネイガー

 ローカルヒーロー…とはもう言えないかもしれない。マンガにもなったりとか、いつの間にか半全国区に。知らない間にすごい盛り上がってるんだよねぇ。あとはもうテレビ番組でも作ればいいんじゃないですかね。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »