« 2007年3月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

『怪物王女』12話「消耗王女」

 今回の敵はミイラ男とファラオ(!)でした。
 しかし、ゾンビわらわらってのはよくあるけど、ミイラわらわらってのはあまりないのでは? なんか間抜けで笑っちゃった(階段上るとこ)。3人がかりでヒロをボコボコにしてるのもただのいじめっ子みたい。前半あれだけ目立ってたのにミイラのボス弱いし……。それにしても、ミイラって地面から湧いて出るものかなぁ?
 ところで、シャーウッドの屋敷に令裡が普通にいるんだけど、吸血鬼って最初は招き入れてもらわないと家の中に入れないんじゃ……? そんなシーンあったかなぁ。
 あと、アンプルなんて今時珍しいですね!

『のだめカンタービレ』Lesson23(終)

 志村ー、うしろうしろー!
 いやぁーあ、終わっちゃった……。最後までずっと面白かった。音楽はわからないんで、のだめの演奏のどこが変なのか、どこがすごいのかいまいち分からなかったのが辛かったけど……。
 で、最終回。いい終わり方だったなぁ……。

       「真一くんのばかー」

 ですよ。俺の中では『耳をすませば』を越えるラストです。あれは途中で恋人になっちゃうところがいけなかった。
 それからエンディングの静止画。こういう形でのたたみ方は『のだめ』によく合ってるよなぁ。マンガでは使えないし、アニメならではの表現ってのもポイント。
 あと、この後留学するわけですが……多分第2期があるね。パリ編。マンガも続いてるわけだし。

2007年6月26日 (火)

『エル・カザド』13話「隠す女」

 ついにエリスの正体が明らかに! まあ、「作られた生命」っていうのは前々から言われてたから別にどうということもない。魔女のDNAってのは意外だったけど。……じゃあ、あの謎の組織は魔女の集まりってこと? うーん。……というか一番の謎はローゼンバーグだけどね。
 それにしても、エリスはL.A.に汚されてしまった……血がついて……って、これ破瓜の暗喩? でもそうすると、神秘性は失われて能力が無くなってしまうということになるのでは……? 魔女だからいいのかな? というか、今回の何がセックスに相当するのか分からん。……あ、じゃあ違うってことか。エロ方面に深読みしてしまってすいません。
 さて、今回「ナディに抱きつくエリス」とか見所はいろいろあるんですが、一押しは「自分の本にローゼンバーグの書き置きを発見したブルーアイズの微妙に変わる表情」ってことで。なんだあの細かい動きは。CGとかには見えないけどどうなんでしょう。

2007年6月25日 (月)

『ヒロイック・エイジ』12話「破滅の炬火」

 いやー、木星消滅したねぇ!
 どーも『トップ』っぽいとは思ってたけど木星消しますかそうですか。
 戦闘シーンもすごいことなってたし、今回は劇場のスクリーンで見たかったなぁ。
 それにしても時間を遡るのは……。何か制約はあるんだろうけどさ。

2007年6月24日 (日)

『ゲゲゲの鬼太郎』13話「奮闘!ぬりかべ用心棒」

 ぬりかべ一家なんて考えつかねーよ!
 妖怪で家族ってヘンな感じ……。オス・メスがいるなんてポケモンみたいだ。 
 そもそも子供はどうやって作るんだろう。なんとかカエルみたいに背中にくっついてたけど。
 こんな風に生物みたくされちゃうと違和感あるよね……。鬼太郎も子供だけど、まったく違う妖怪から生まれたし、そもそも「妖怪」じゃないし。
「妖怪とは何であるか」まで踏み込むと大変だからこの辺にしときますが(参考・新潮OH!文庫『妖怪馬鹿』)。それでもつがいはないだろう……。
 で、そのせいか大百足が全然印象に残ってない……。怪獣みたいでけっこうかっこよかったのに。

『天元突破グレンラガン』13話「みなさん、たーんと召しあがれ。」

 あのじーさんはカミナの父ではないかと前回あたりから思い始めてます。おいしい役回りだし。……それはいいとして。
 ヴィラルが今度はシトマンドラ配下として登場。節操なく見えるんですけど。いい奴なのにマイナスポイントだなぁ。まあ決着つけたいってことなんだろうけど。
 そして獣人の謎に迫るラスト。マントを広げた重要っぽい画面は、なんだかよく分からなかったんですが……螺旋王ってやっぱり人間かなぁ。公式のはっきりした絵を見ると、迫害された科学者って感じが……(しないか?)。
 ま、今回一番気になったのは動力部にいたあのおねーさんは誰!? ってことなんですけどね。
 そして次回は「みなさん、ごきげんよう」……って、お別れ?

2007年6月23日 (土)

久々に……

 なんだか随分と間を空けてしまいました……。
 と言ってもこんなとこ見てる人なんていないだろうから別にいいんですが。
 元々自分の考えをまとめておくために書き始めただけなんでね。
 でもそれだけじゃ寂しいので、ちょっとだけ人の目も気にしてみたくなったり。
 自分の書いた文を人に読んでもらうのは恥ずかしいけど気持ちいいことですから。
 そんな心境の変化もありつつ、これからはできるだけ更新したいと思います……が、うーん……大丈夫かな?

« 2007年3月 | トップページ | 2007年7月 »