ニュース

2006年11月17日 (金)

北朝鮮への経済制裁には隠された目的がある!

 さっきニュースで、北朝鮮への輸出品が取り上げられていたんですよ。制裁関係ということで、金正日の好物の紹介だったんですが。それを見ると、いや見なくても皆分かってるとは思うんですが、高級品なわけです。これ毎日食ってたら糖尿とか痛風にならないわけないだろ、って感じの。まあそれを輸出禁止にしたわけですね。
 表面上はぜいたく品を輸出禁止にして、党上層部だけを困らせる目的ですよね。でも、実はその裏にもう一つ目的があるんじゃないかと思います。しかも北朝鮮に利するやつが。それは何かというと、金正日を健康にするということです。つまり強制ダイエットです。きっと金正日派とかが、将軍さまの健康を心配して政府に依頼したんですよ。自分じゃ意志が弱くてできないから。無理にやらせたら殺されるし。今後、これは制裁健康法として語り継がれていくでしょう。
 というわけで、今回の制裁というのは本当は延命策、というお話でした。ま、金正日本人の延命になっても、北朝鮮の延命になるかどうかは分からないですが。…そういえばこのぜいたく品輸出禁止って、かの有名な東方千年帝国協会にあった気がします。もしかして麻生さんあたりが提案したのかもしれませんね。

2006年11月16日 (木)

北海道以外も大変なんです!

 とうとうソ連の新兵器の魔の手が北海道以外にも!今度は津波兵器ですよ!もう本当に恐ろしい。だって全テレビ局の右隅に津波情報が出てるんですよ?…何か違いますか?

2006年11月 8日 (水)

ちょっと批判者風に

 ふと思ったんですが、文科相宛にいじめの告発文を送った事件、なんかおかしいですよね。大臣宛に手紙を出すのはいいんですが、そういうのって大臣の手元に届くものなんでしょうか?危険物じゃなければ届くのかなあ。あとこういうのって、あまり公にしないで処理するような気がするのですが。たしかに手紙には「マスコミの人々にも全部見せてください」とあるけど…。
 と、いうところで思い出されるのが高校必修科目の未履修問題です。この問題と今回の事件、政府の教育改革のためのものじゃないでしょうか。別に捏造というわけじゃないけど、すごくタイミングがいいですよね。教育基本法の改正案は、来週にも衆院を通る見込みになってます。なんとか反対派を黙らせたいとか、いろいろ思惑があるような気がします。目指すところはゆとり教育の終焉「こころの教育」かな?
 だから今回の事件も、普段なら公表されていたかどうか。もしこれが本当なら、政府に利用されただけかもしれません。もっとも、一応本人の望みはかなってますが。ただ、いたずら、捏造の可能性も否定はできない。いたずらなら、もう大喜びなんだろうなあ。捕まるだろうけど。これでもし捏造なら、永田メールどころの騒ぎじゃないですね。まぁ、あの字はどう見ても子供の字ですが。
 それにしても、4日の消印で8日(今日だ)までになんとかしなければ自殺する、って急すぎだよなあ。これじゃ調査もできないよ。この文がいたずらっぽいよなあ。

2006年11月 7日 (火)

北海道が大変なんです!

 今日は風が強いなあ、新聞受けから風が吹いてくるよ…、なんて思ってたら北海道で竜巻ですか。全国的に風の強い日なんですかね。…なんて、のんきにかまえてる場合ではないと思いますよ。10年に一度とか自然の脅威とかなんとかいろいろ言われてますけど、それどころじゃありません。あれはソ連の新兵器です!とうとう日本に侵略を開始したんですよ!竜巻があまり起きない日本にとって、これ以上の脅威はありません。もうなす術はないかもしれません…。何か間違ったこと言ってますか?

2006年10月11日 (水)

最近、北朝鮮が人気者です。

 次は何をしてくれるでしょうか。国連脱退か戦争か、その前に体制崩壊か。まあ、なんで北朝鮮がいろんなことをやるかというと、注目してほしいんですよ。「核実験したぞー」とか言って、世界が大騒ぎするのが嬉しいんです。もうすぐ死ぬから。死ぬときはみんなに看取ってもらいたいんです
 あと、核実験一回くらいじゃインパクトがないと思ったんでしょう。だからまた実験したとかウソついたんです。もしかしたら一回目のだって、式典で使う花火かなんかかもしれないですよ。葬式用の特大花火の実験とか。

2006年10月 8日 (日)

新刊案内:創価学会はすでに霊界通信を完成させていた!(たま出版)

 安倍総理が池田大作と会ってたってニュ-スが流れてますが…。どうして死んだ人と会えるのでしょう?怖いなあ。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

2006年9月26日 (火)

丹波哲郎…

 追悼特集ではノストラダムスの大予言をやってほしい。

2006年8月29日 (火)

宗教は麻薬なんじゃないの?

 ちょっと遅いですけど、共産党のビラ配ってた人がマンションに不法侵入したことになるかどうかの裁判で、その人が勝訴してましたね。それはいいんですけど、その人は僧侶だそうで…。おいおい、何考えてんだ?

2006年8月16日 (水)

加藤紘一は自称ナショナリスト

 あー、加藤紘一の実家が全焼したそうですね。これでただの火の不始末とかだったら面白いですけど、まあ普通に考えて現場にいた男が犯人でしょう。それにしても、思い切ったことするよなあ。実家燃やして、しかも腹切るって…。事務所とかじゃないんだもんなあ。腹切って注目されるのって、三島由紀夫以来?違うか。

 8月17日訂正:事務所は実家の隣で、一緒に燃えてました。…ところでこの事件、靖国云々と関係無いような気がしてならないのですが。まあいいか。

2006年8月15日 (火)

内閣総理大臣小泉純一郎一礼す

 この一礼ってのが敬礼だったら面白いなとか思いつつ。
 えー、皆さんご存知のように、参拝です。でも割と静かだった。ま、最後だし。反日デモとかもあんまりなかったみたいで、ちょっとつまらない。というか、中国のは反日を隠れ蓑に反政府をやりたいんだと思うけどさ。
 ところで、よく「戦争を風化させないように!」って人がいるけど、あれは何なんでしょう。日清とか日露は風化してるよなぁ。どの戦争を風化させたくないんだろう?トナム戦争?湾岸戦争?京都の人だったら応仁の乱かな。
 まあ終戦の日なんで、そんなふうに戦争のことを考えていたわけですよ。で、ふと思ったんですが、「終戦の日」っておかしいなあ。戦争の終わった日が終戦の日なんだから、いっぱいあるはず。白村江とか負け戦もあるから、「敗戦の日」も却下。というわけで、そろそろ新しい名前を付けたほうがいいんじゃないでしょうか。「昭和の日」みたいに。…なんで「文化の日」は「明治の日」にならないんだろう。大正天皇の誕生日が祝日じゃないのはなぜ?